全波整流は組むのも難しいし

だからといってバッテリーが弱いのは心細い

そんな感じでバッテリーを強化させちゃいたい



そんな貴方に心強い味方がリチウムバッテリーです。

容量はと言いますと、ノーマルのバッテリーと大差ありません。



上記のは、ジャイロXやUP用です。
キャノにも使えますが、キャノサイズ用もあります。

実は中身はX用もキャノ用も同じと言うか容量は同じです(^_^;)

外装はハリボテです。

中身はたぶん乾電池形状のセルが何本か入ってるはずです(笑)

価格は、国産ユアサのバッテリーのとだいたい同じです。

安いものは5000円位からあります。

リチウムバッテリーの利点は、何と言っても放電しにくい!!

休みの日しか乗らないとか言う人には、おすすめです。

本当に放電しにくいので普通のバッテリーよりコストパフォーマンスが良いです。

そして次に、超軽量です。
持ったら、これ、、、おもちゃ?ってくらい軽いです。
通常のバッテリーの半分くらいの重さです。

そして最後に、リチウムばってりーなので、
元々が充電式バッテリーなので充電に強い。


ただ、一つ欠点もありまして、通常のバッテリー充電器だと充電できません。
リチウムバッテリー専用の充電器をご使用ください。

裏技として、普通のバッテリーとリチウムバッテリーを並列に
繋いで充電させれば充電はできなくはありません。

忘れている方も居ると思うので・・・・


直列並列
並列は、バッテリーのプラスとプラスに繋ぎプラス配線へ、
    マイナスとマイナスを繋ぎマイナス配線へ

直列は、バッテリーのプラズとマイナス繋ぎ、
    繋いでいないプラスはプラス配線へ、
    マイナスはマイナス配線へ

小学生で乾電池で電球を光らせる実験の時に
多分教わっているようなレベルです。

ちなみに並列接続は12ボルトバッテリーを
複数付けても12ボルトのままです。

直列にしてしまいますとボルト数が足されてしまいます。
バッテリー2つ繋いだら24ボルトになってしまうので
接続には注意してください。

そして、殆どのリチウムバッテリーは、
過充電防止機能と言うものが付いており
容量以上に充電をしようとすると回路が遮断して
充電をしないようにする機能がついています。


リチウムバッテリーは容量的には通常のバッテリーと同じです。
ただ、マンガン電池とアルカリ電池くらいの出力?
パワーの違いはありますのでセルの回りが良くなるかと思います。



容量的には、同等のリチウムバッテリー・・・
だったら容量の大きいバッテリーを使えばですが、
スペース的に大きくするのはバイクには辛いものがあります。

ただ・・・・・・・

ジャイロには強い味方が!!

デリバリーボックスなど付いている車体の場合は、
容量の大きいバッテリーをボックスに入れて使用することが出来ます。

ですが、大きいバッテリーを積むと、ただでさえグリップヒーター用に
コイルを一つ占領されている貧弱なジャイロのジェネレーター
バッテリーが大きくなると充電が満足にできなくなります。


ならどうすればと???


そこで、必殺技が登場します。

今回説明した内容を利用すれば、バッテリー大型化も夢ではないんです。

何を利用するか?

それは並列接続でのツインバッテリー化です。

ただこの場合、並列接続での使用は、お約束があり
同サイズのバッテリーを使わなければいけません。

容量違いを使用しますと、どちらかのバッテリーに
負担をかけてしまいます。
同サイズでないとバッテリーの内容を同じに
しようとすると小さい方に負担がかかります。
ただでさえ高いバッテリーをちょくちょく交換なんて・・・・なのです。

そこで利用するのが、リチウムバッテリーです。

これは、上で説明したように、過充電防止システムを
利用しちゃおうという計画です。

なので大型のバッテリーを使っても大丈夫なはずなのです。


ハイブリッドバッテリー

こんな感じでガッツリと(^_^;)

念のためにヒューズは付けましょう。

配線は車用バッテリーを使用しますので30A以上
耐えられる配線が良いかと思います。

ただ、始めにお伝えしたように車体のジェネレーターの充電能力は
微々たるものなので、車用のバッテリーはしばらくすると
上がり気味になるかと思います。

それなのに何故車用のバッテリー?って思うでしょうが・・・

下手なバイク用のバッテリーを買うより車用の38B19Lなどの
乗用車や軽自動車に使う一番安いサイズのバッテリーですと
5千円以下で買えたりします。

とってもお得ですし、バイク用のバッテリーよりはメンテは
しやすいかと思います。

バッテリーが上がり気味になったら車用バッテリーの
充電器で普通に充電できます。

そして、ある意味この繋ぎ方は、ほぼ常時リチウムバッテリーに
充電がいつでも出来るシステム?

リチウムが満充電なら車のバッテリーへ充電的な感じになります。

リチウムと自動車用バッテリーは常に並列で繋がれていますので
何かがあれば勝手に車用バッテリーからも充電されます。


そして、このシステムにすると、全波整流でも大活躍するはずです。

通常発電機で発電された電気はライトや充電などに使用されますが
それでも発電容量のが上の場合はレギュレターが熱を発して放電させます。

全波整流の場合、発電能力が上がるので、ほぼ常時、
電気が使用される以上に使用されていることが多いので
レギュレターで放電させています。

放電しきれないと配線が燃えたりレギュレターがパンクするなどの
トラブルも発生します。

バッテリーの容量が増えるので、そのトラブルも回避
できちゃったりするはずです(笑)


IMG_20170430_153717

自分のキャノピーはこんな感じにBOXに投げ込んでます。
(充電中の画像ですけど)


ただ、このツインバッテリー化の方法は、
あくまで自己責任で行ってください。

電気の専門家に言わせると、たぶん邪道とか
無茶苦茶な方法とか言われると思いますので(爆)