50CCスクーターはライトが基本的に暗いです。


なのでノーマル電球をハロゲン球にするのが、数年前までのヘッドライトチューンでした。

その後、HIDが流行りだしてついに原付まで付けられる時代が!!

ですが、HIDは消費電力が凄まじいです。

そうこうしているうちにLEDが流行りだしました。


日に日に明るくなっていく電球!!


ですが明るくなるのとは反比例して、運転する側は明るくて
見やすくなりますが、対面されると、これまた眩しくて非常に迷惑です。


明るい電球にしたら光軸も調整しましょう。



基本的に5メートル程度離れた場所から壁にライトを当てて調整します。


調整する場合、ヘッドライトはロービームでなく
ハイビームで調整するのが基本らしいです。


ハイビームで壁を照らし、車体のヘッドライトの高さと
同じ位置に光の中心を持っていけば良いみたいです。


ただ、ジャイロXの場合は光軸調整をする際相当面倒です。


なにせフロントマスクを外さないと調整できないのです。

光軸調整用のネジ2本がカウルの中に(T_T)

だったら外からでも調整できるようにしちゃおうと(^_^;)

ジャイロX光軸 (2)

ジャイロX光軸 (1)

こんな感じに光軸調整のネジがある部分に穴を開けるだけです(笑)

まぁ、頻繁に調整するわけではないので、穴を開けなくても
マスクを外せば済むだけなのですけど、なんとなく開けてみました。

無くても良いけど、あると以外に便利な感じです。


気になった場合は、試してみてください!