ジャイロ系のフロントの足回りは・・・・

性能が良いとと言うよりイメージ的には
構造が複雑とか見た目が悪い、性能が悪そう

性能以前にかっこ悪い!!

どうしようもありません(笑)


足回りの性能UP方法といえば、
フロント周りを全部交換
サスペンションを交換

フロント周りを交換しようとすると色々と大変です。
少しでも見た目を良くするにはサス交換です。

サス交換するにも専用のサスはありません。

ただ救いなのが、他車種用のリヤショックが入るので
色々とアレンジが出来たりします。

しかし問題は、元々はリヤ用のサスなので固くなってしまいます。

まぁ、それ以上の話は、またの機会で!


さて、本題に入りまして、今回は溶接が必要になりますが・・・

お手軽にフロント足回りを強化できるスタビライザーです。

溶接は、お近くに鉄工所とか板金屋さんがあれば、
交渉次第で溶接をお願いできます。



用意するもの?

U字のパイプ(もしくはその代わりになるもの)


な感じです。

効果としては、左右のフロントフォークのよじれを減らす。
よじれが減らすことによって若干の直進安定性が良くなります。
コーナー時のフロントの設置感が上がります。


今回はキャノピーでやりましたが、XやUPだとサスペンションの構造が
逆になりますので取り付け位置が逆になります。
(キャノピーはフロント側で、X、UPは後ろ側)

自分は、丁度よいU字のパイプが無かったので、代わりに建材のUボルトを使用しました。




ホームセンターでも、建材系が多く取り扱ってる店舗なら
比較的簡単に手に入ると思います。

しかも溶接は必要ですが1,000円以下で足回りが強化できますので
超お手軽チューンと言える部類でしょう。


img_12_m


取り付ける場所は、画像の辺りで取り付け角度は、決まり的なものは不明です。

なので自分のお好みで(^_^;)

画像の感じ(フロントフォークに対して90度位の角度)に合わせてやると

sutabbii



このようにフロントフェンダーに隠す事もできます。

本来ならボルト固定の方が取り付けが楽になるのですが、
走行中のフロントフォークの歪みがたぶん目に見るか見えないかの歪みなので
中途半端にボルト固定でスタビライザーを作っても効果が現れない可能性
単にガラクタを付けているだけになる可能性もあるので溶接をするのがベストです。

本来なら、これにアーム部分にも左右の歪みを減らすためにスタビライザーを付ける方法が
ベストなのでしょうが(両方ならば完璧)アーム部に付けるとなると色々と自作するものが
多くなりますので、今回の方法だけで


実際に付けて走行した感じですが、

スタビライザーが細いので直進安定性なるものはよく分かりません。

ただ、車線変更時のふらつき感、中高速域コーナーでは、フロントの設置感UP

今までにコーナーで膨らんでいた場所では膨らまずにきっちり曲がれ
コーナー中の変な食い込みもなくなりました。


U字パイプで制作すれば、スタビライザー付いてるぞ!という存在感を!(性能もUP)

U字ボルトで制作してフェンダー内に入れて控えめな感じで!(性能も控えめ)


調整する場合、どちらのやってみるかは、あなた次第です。