ゲコピット(何処でもピット)   

おかっちのジャイロ 2st 後期の情報やら豆知識、BUBU501のレストアやら日常

スパークプラグ

スパークプラグ(点火プラブ)は消耗品です。

2サイクルの場合は5,000キロ~1万キロとか言われてますが、
実際には2,000キロ位の交換が好ましいか思います。

イリジウムプラグなどは高価ですが、ノーマルプラグですと500円程度で購入できます。

交換も難しくありません。

おすすめとしては、オイルランプが光ったら(完全に光り続ける)オイル補充と同時にプラグ交換




続きを読む

キャノピーのスクリーン(小技や便利機能)

スクリーンについてですが!

はっきり言って中古車両を買うとキレイなものはありません。

殆どがワイパーのブレードがスクリーンにあたって傷や凹みなどがあります。

かと言って買い換えるのも高い。

安いスクリーンあります!!

5000円位で買えます。

ります。続きを読む

ACC電源(キーON電源)を取る

ジャイロでツーリングなどする場合、スマホをナビにしている人
フォグランプ(後付けLEDライト)を付ける場合
タコメーターや電圧計など追加メーターを付ける場合

などなど、電装品を付ける場合、必ず必要になってくるACC電源(キーオンで通電する電源)

知っている人は、なんてことのない作業ですが、電気系苦手な人には、難しい。


ですが、難しいと思っているので難しいのです。

基本的にジャイロで使用している電気と言うのは直流と交流の混合で使用されている面倒なシステム

発電システムは交流(AC電源)をレギュレターで直流(DC電源)に変換して
バッテリーに充電しつつ電装系を制御しています。

ですが、常時点灯するようなヘッドライトやテールランプは電力が追いつかなくなるので
交流(AC電源)のまま使用しています。

簡単に言いますと、イグニッションキーをONにしてエンジンを
始動指定ない状態で動く(点灯など)ものがDC電源

エンジンを始動しないと動かないものがAC電源と思っていただければ良いかと。



ACとDC両方使っているスクーターなので配線系統は実は面倒なのですけど

上の説明が理解できれば、小学生レベル程度(乾電池でモーターを繋いだり電球を灯したり)
で簡単に配線は繋げられるはずです。

ただ注意してもらいたいことは少なからず乾電池1本(1.5ボルト)とは違い12ボルトもあるので
下手をすれば配線を燃やしたりショートさせれば強い火花が散ったりします。

ですので、配線処理はちゃんとしましょう。

配線は色々と種類がありますが・・・・


続きを読む

ウエイトローラー

ウエイトローラーは、純正、社外品色々あります。


重さは基本表示されていますが、実際に重さを図ってみると個体差が地味にあったりするんです。

純正品は、ほぼ誤差はありませんが社外品は誤差の少ないものから多いものまでたくさんあります。


純正品は、その車体に作られていますので重さ変更をする際は、他車種の物を組み合わせてします。

社外品は基本的に0.5グラム刻みで3個もしくは6個で販売をしています。

ここで、問題?疑問が出てきます。

なぜ同じものなのに値段が違うのか?

答えは簡単、材質と精度が違います。

安いものは、例えば6グラムのウエイトローラーなのですが実際に図ると
5.8グラム~6.2グラムという結構な誤差があります。


続きを読む

センタースプリング

センタースプリングについて

よく強化品とかありますよね!
○○%UPとか!

バネレートを強化?して上げています。

ですが、強化品を入れたから最高速が上がるととか言うわけではありません。
スクーター全般にいえますが、強化したから速くなると勘違いする人が多いです。

センタースプリングはウエイトローラーと同じで変速タイミングを変えるパーツと思ってください。


センスプローラー兼ね合い


簡単に図にすると、こんな感じです。

単純に考えて
回転が上がればパワーが上がる
回転が下がればパワーが下がる

なのですけど、エンジンには出力特性があるので特性を考えてバランスを取らないといけません。

しかもセンタースプリングは、あまり種類がないので選択技がありません。

センタースプリングを変えるのは、ウエイトローラーでセッティングをして、
ウエイロトーラーでセッティングが出来ない領域になった場合

入手できるウエイトローラーより重いもや軽いものがどうしてもない場合に交換する。

そう思って頂けるとよいかと!

セッティングが分かってくると、ウエイトローラーを○○グラムにしたいからセンタースプリングで
とか、言う方法も出来ます。

ただ、ウエイトローラーのセッチングとは変速のしかたや感覚が変わってくる事もあるので
基本的にセンタースプリングは、あまりいじらないほうが良いかと思います。





トルクカムの種類

トルクカムの種類についての説明です。

図の見方としては、真ん中の溝の上側が低速(低回転)、下が高速(高回転)です。



への字カム
まずは、への字カムです。
これはジャイロやDIOなどに使用されているオーソドックスなトルクカムです。
非力なエンジンやホンダのエンジンに取ってはバランスの良いカムなのですけど
エンジンをイジったり社外チャンバーなどにした場合途中のへの字の尖った部分から
一気に変速するので、失速したり急にもたつく感じがします。

続きを読む


最新コメント
お問い合わせ

名前
メール
本文
Amazon
にほんブログ村 バイクブログ トライク・スリーターへ
にほんブログ村
全般ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: